2011年1月11日 (火)

人事が見る「今の就活生の特徴」

今朝のテレビで今年の就職セミナーの様子が放送されていました。

Img_1734_2
セミナーの様子(アスリート就職ナビ2011より)

中でも印象的だった内容は、人事から見た今年の就活生の特徴について。

・自信があって、明るく元気な学生が少ない

・顔が死んでる

・焦ってる様子がヒシヒシと伝わってくる

私は焦っていた時期が無いと言えばうそになりますが、
少なくともセミナーに参加する時は120%元気な顔をしていました。

セミナーで人事の方と接する機会は、面接の練習だと思っていましたからね。

---------------------------------------------------

今年の新成人の一番の悩みは、「就職・仕事」に関することだったそうです。
とかく「どこに就職するか」ばかりが注目されている気がしますが、
大切なことは何をするか、どう取り組むかだと私は思います。

私が就活中に一番考えていたことは、
「将来の自分はどんな事をしているのだろう?」でした。
なのでどこに就職するか?というよりも、
(将来自分がしたい事をするために)自分にとってプラスになる会社かどうかで
会社を探していました。

そのキーワードは人によって様々だと思います。

安定した生活を求める人は「終身雇用」、
やりがいを求める人は「若いうちから大きな仕事を任せる」、
社内の雰囲気を重視する人は「風通しのいい会社」

などなど。

就職難なときほど、ピンポイントな活動をすべきだと思います。
極端な話、100社のエントリーシートを書く暇があったら、
最高のエントリーシートを数枚書いたほうが受かる可能性は高くなります。
後々の事を考慮すると尚更そう言えるのではないでしょうか。

そんなこと言って全部落ちたらどうするの?と言う人もいるかもしれません。
確かにその通りです。
全部落ちる可能性はあります。

そんな人に私はこう言いたい。
「だからこそ意味があることなんだ」と。
全部落ちるかもしれないから、全力で会社のことを調べる。
何回も何回もエントリーシートを作り直す。
不安と緊張で押しつぶされそうでも、自分を奮い立たせて面接に臨む。

その必死な姿勢は必ず評価されるはずです。
そこまで頑張った人には最後にこう言いたい。
「焦ることなく、気負うことなく、ただただ自信を持ってほしい」と。

まだ仕事もしていない私が偉そうに言えることは何一つありませんが、
就活の悩みは自分自身でしか解決することはできないと思います。
逆の言い方をすれば、就活の悩みは自分だけが解決できることだと思います。

大いに悩んで、大いに苦しみ、最後は自信を持って臨む。

私が就活生に言ってあげられることはこれに尽きると思います。









ありがとう100万遍(148日目)

700回
累計94,080回
残り905,920回

| コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月10日 (水)

就職 新氷河期!?

週刊東洋経済
「誰も知らない就活の真実~就職 新氷河期」
20100708000131521_2

データは「これほんと?」と思うことがありましたが、
就職を始めたばかりの2012年入社の学生にとっては
読んでみる価値はありそうです。

今の時期、何したらいいのか分からないでしょうからね。

中でも、「大人げない大人になれ!」の著者である成毛眞さんの
『ボクが娘に伝えた8つの「心得」』は必読!!!

| コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 9日 (火)

シークレットセミナー

私の就職活動(総括)でも触れましたが、
口コミでの参加者がほとんどである
非公開(!?)なシークレットセミナーが今年もあるそうです。

担当者さんからのメールを一部抜粋すると・・・

---------------------------------------------------

当ガイダンスに参加されて「良かった」と思われるのであれば、
是非、ご後輩の皆様にお薦めくださいますようお願いします。
参加された皆様のご推薦が14年間に渡る当イベント継続のカギを握っています。

---------------------------------------------------

確かにあれは良かった!
あれほど刺激的なセミナーは他になかったですからね。

後輩で誰かこのブログ読んでるのかな?笑

ま、なんかあったら気軽にメールしてね♪

| コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 3日 (日)

理系学生は強い!

先日、無事内定式を終えてきました。

内定式では内定者全員が1分間スピーチをしました。
どのスピーチも個性的ですごい!

同期のレベルの高さを改めて痛感したと同時に、
これからやってやるぞ!という決意を固めた内定式となりました。

---------------------------------------------------

毎度のことですが、書きたいことがいいっっぱいある!!!

今日は理系学生のことで思ったことを就活生向けに書きます。

10月1日というのは内定式が行われる最初の日であると同時に、
就活サイトの本格的オープンが始まる日でもあります。

思えば私も1年前、就職活動を本格的に始めたのもこの頃でした。

あの頃は自分のやりたいことがなんなのかを探すために
必死で東奔西走していましたね。

今になってわかったことですが、もしあなたが理系学生だったらラッキーだと思ってください。

なぜなら、理系学生は文系学生に比べて圧倒的に就職活動を有利に進めることができるからです。

ではなぜ、そんなことが言えるのか。

それは、文系学生は競争率が激し過ぎるからです。

私は内定者研修等で文系学生と会っていますが、
喋り方、話す内容、コミュニケーション能力、見た目、ユニークな思考、
どれをとっても非常に優秀な学生が多いです。

つまりそれだけ、修羅場をくぐり抜けてきた猛者達が内定を勝ち取るということです。

---------------------------------------------------


就職活動で最も大切なこと、それは喋る力です。
短い間でどうすれば面接官の心を掴むことができるのか、
それには話す能力、コミュニケーション能力が必要不可欠です。

どんなに成績がよくても、どんなに過去素晴らしい功績を残していようとも
人と話せない人は就職活動で苦戦すると思います。

じゃあなんで話をするのが苦手な理系学生は就職活動で有利なのか、
答えは簡単です。

周りもみんな、喋るのが苦手だからです。
ほんのちょっと話すのがうまい人は、目立ちます。
おそらく最終まで進む確率はグーンと上がるでしょう。

「自分はすぐ緊張して人前で話をするのが苦手だ」と言う人でも大丈夫です。
練習してコツさえつかめば、すぐ慣れます。

だから喋るのが苦手な理系学生は自信を持って就活に臨んでほしいと思います。

---------------------------------------------------


いい練習方法を一つ、お教えします。
企業説明会に行くと、必ず最後に質疑応答の時間があります。
そこで、質問してください(一番に!)
大抵みんな、びびって質問しません。
その場をお借りして、練習しましょう。

できれば、大人数の前だと なおgoodです♪

面接が始まると、学生の大半はこう思うはずです。
「社会人と話したことがないから、どうしていいのかわからない」
だから緊張してさらにマズイ状況になるのです。

自分の苦手なことを克服する唯一の方法は、
「苦手と思わなくなるまで苦手なことをし続けるする」です。

連続でです。
私の経験では一カ月くらい期間が空くと、元に戻ります。


---------------------------------------------------

うまく喋れるようになると、就職活動が苦痛だと思わなくなります。
そうすると表情にも自信がみなぎり、いい結果が得られやすくなると思います。


もちろん理系学生には、課題解決力や論理的思考という
強力な武器があるということもお忘れなく♪

それから理系学生には、一人で悩みを抱え込んでしまう、プライドが高い等という
恐ろしい落とし穴があるということもお忘れなく♪

---------------------------------------------------

長くなりましたが、帰りの飛行機でそんなことを考えてました。

まぁ私は、新人研修では文系学生と同じフィールドに立つわけで
喋りに関して言えば、今の時点では不安で不安で・・・気が狂いそうでやべぇです。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月 1日 (水)

履歴書の書き方

昨日は久しぶりにコメントいただきました♪

履歴書の添え状さん、ありがとうございます。

しかも「いつも楽しく観ております」には感動の極み!


こんなブログでも見てくださっている人がいると非常にうれしいです。


-----------------------------------------------------------

以前も言いましたが、私のブログでは就職活動についてあまり書き込んでいません。

そのため「就職活動どうすればいいんだろう?」という就活生が見に来てくれるとは思いますが、
あまり参考になることがないので、履歴書の書き方に関しては以下のブログを参考にされてください。

履歴書バイブル~ウカる履歴書の書き方~
http://www.rirekisho-check21.com/


-----------------------------------------------------------


私も拝見させていただきましたが、スピード写真の記事など共感する部分がありました。

ただ就活には「正答」がないので、何を信じるかは自分次第です。


ありがとう100万遍(120日目)
500回
累計64,750回
残り933,250回

| コメント (3) | トラックバック (1)

2010年5月13日 (木)

私のエントリーシートの書き方

友達のエントリーシートを見て思うことがあったので、
私はどのようにエントリーシートを書いていたか紹介します。

手順としては
1. 会社の求める人物像を見つける。
2. エントリーシートに書くための題材やアイデアを何でもいいからノートにたくさん書き出す。
3. 1.と2.で共通している内容、あるいは共通するように書ける内容を考える。
4. パソコンで文章を推敲後、清書する。



注意したこと

エントリーシートに一貫性を持たせる。これに一番気を使った。
流れるようなストーリーの組み立てにもかなり気を使った。

1.と2.は完全に切り離して考えた。

1.を考えながら2.を考えると会社に合わせたエントリーシートになってしまい、
独自性が無くなりがちになる。

2.では最初のほうに思いついたアイデアは極力書かないことにした。
すぐ思いつくことは誰もが考えていることで、
悩み抜いて湧き出てくるアイデアにこそ価値がある。

わかりやすさよりも知的な文章を目指した。
学生にとってわかりやすいエントリーシートは、社会人にとっては幼稚に見られる気がした。
なので、社長さんに「こいつを取れ!」と言われるようなエントリーシートを目指した。







ありがとう100万遍(10日目)
1040回
累計6360回
残り993,640回

| コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月12日 (水)

内定ブルー

大学内の友達が言っていたことが頭から離れません。

「内定決まったのはいいけど、やっていけるか不安。
会社の話を聞けば聞くほど、自分がそこでうまく働けるか不安。」

未だ就職活動に奮起されている学生さんには大変うらやましい悩みですが、
これは正直、誰もが感じる不安なんだなと思います。

私自身も、内々定さえもらえば後は夢に向かって突き進むだけやん!と思っていましたが、
実際、毎日不安でいっぱいです。
こないだなんて熊本旅行中に入社一年目の自分が大失敗する夢を見ました。

就職活動中に失敗する夢なんて見たことないので、その不安は計り知れません。
でも、それは正夢だと思います。
今の自分が即入社したらどうなるか。
そのもしもな現実を夢で見ているのだと思います。

だからそんな夢を見ても、落ち込むことはありません。
不安に思う気持ちがあっても、焦る必要はありません。

大切なことは、今何をするか。
2011年の就職まで、まだ時間はあります。
大いに遊び、大いに準備する。
不安や悪夢は未来からの吉報だと思えばいいのです。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月20日 (火)

続々内定!

私の研究室で立て続けに内定が出始めています。

それも超大手ばかりだからすごい!

研究室にはかつて、黄金世代と呼ばれるとんでもない世代がありましたが、
それに匹敵するのでは!?

私がサポートするまでもなく、みんな無事いい結果を残せています。
めざせ!全員内定!

| コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月19日 (月)

選考辞退

>おがワン
コメントありがと♪

祝賀会してくれるん?
まじで~!?
ほんならおれのバイト先かコダンんちやね(笑)

______________________________

つい先ほど選考辞退のメールを送りました。
これで、内々定の会社から、
「やっぱ・・・なしで!」
なーんて言われたら、旅に出ますね。
探さないでください!って張り紙して、
涙ちょちょぎれながら研究室を飛び出したいです。

しかし、選考辞退はやはり気分のいいものではないですね。
私が通過した分、他の誰かが選考を落ちているわけですから。

ただ、内定辞退は一つもないことが不幸中の幸いです。

私が就職活動で最も恐れていた2つのうちの一つ、「内々定を辞退する」は
ついに一度も起こりませんでした。

うーん、これだから私はダメなんだなぁ。
先日、松永先生にも言われたように、
「伊藤みたいな性格では、社会で必ず苦労する。」
というのも、最近はそうかもしれないと思うようになりました。

紀伊国屋書店で本を探している時も、
「人のために仕事をしたいと思うあなたは、必ず失敗する。」
と書いてある本があって、思わず心の中で「ガーン!」って言っちゃいました。

でもこれからの時代は、正直者がバカを見ない時代だと思います。
人のために行動する人が周りの人達の協力によって、
すごい力を発揮する時代が来ると思います。
少なくとも私は、そんな人になりたいです。
そこにどんな試練が待ち受けていようとも。そんなもん受けて立ちますよ♪


______________________________

| コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月18日 (日)

キセキ

>チカさん
コメントありがとうございます。
今は不安でしょうけど、きっとすぐに決まると私は信じています。
頑張ってください。

私の好きな相田みつをさんの詩をご紹介します。

______________________________

「道」

長い人生にはなあ
どんなに避けようとしても
どうしても通らなければ
ならぬ道
というものがあるんだな

そんなときはその道を
だまって歩くことだな
愚痴や弱音は吐かないでな

黙って歩くんだよ
ただ黙って
涙なんか見せちゃダメだぜ

そしてなあその時なんだよ
人間としてのいのちの
根が深くなるのは
______________________________

失敗しても、
うまくいかなくても、
頑張った分だけ進めているものです。

奇跡は努力の軌跡です。






______________________________

| コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧